タンク 値引きレポート

タンクの値引き相場の考察レポート

この記事は約 8 分で読めます。

タンクの値引き相場について、時間の流れから、「今現在は果たして安いのかどうか」「買うのに適しているのかどうか」を考察していくことをテーマにしながら、様々な面から、タンクの値引き相場情報を分析することで、よりリアルな情報を提供できるようにした相場レポートが今回のエントリになります。

雑誌のタンクの値引き相場情報や、ネットの
タンクの値引き相場情報、そして、リアルな実際の値引き情報も踏まえながら、「相場」について考えていきますので、より「こうしたら安く買うことができた」という事実が見えてくると思います。

「少しでも安くタンクを購入したい」
「値引きできている人の特徴ってどんなところ?」
「適切な相場は今はどれくらいなの?」
などなど、少しでもタンクの価格面に疑問をお持ちの方にぜひ読んでほしいエントリです。

この記事は、随時更新型です。変更や修正がある場合は、こちらの記事を修正していきます。

タンクの値引き相場は今いくら?【最終更新:2017年4月】

それではまずは、今現在のタンクの値引き相場を見ていきたいと思います。調査をすると以下のような結果になりました。(それぞれの平均です。)

【2017年4月段階の最新相場情報】

情報源 本体値引き オプション値引き
雑誌・テキスト媒体 7万円 3万円
インターネット媒体 12万円 4万円
実例最高額 15万円 5万円

発売当初に比べると、かなり値引きが緩くなっている傾向にあります。これによって、特にネットの情報に「あいまいさ」が出てきました。最新の情報を提供しているサイトはいいのですが、更新が滞っているサイトにおいては、「まだ値引きは0円」というサイトも中にはあります。

この相場は毎月変わっていきます。例えば発売後、モデルチェンジ後は値引き相場は低く、しにくい場合が多いですが、そこから時間が経つにつれ、値引きできる額は増えていきます。インターネット上で相場を調べる際は、最新情報が掲載されているサイトを見るようにしましょう。(当サイトや、更新をしっかりしているサイト)

媒体によって違うタンクの値引き相場

調査をして分かったことは、これは当然ではあるのですが、見る雑誌、見るサイトによって、今のタンクの値引き限界額や目標、相場の数字が違うということです。

次は、その理由を考察していきたいと思います。

まず、当サイトの場合、タンクの値引き相場は、「私自身が実際にできた値引き内容」「友人・知人・情報を伝えてくれる人などから得た値引き内容」を元に作られています。特に自分自身で行った値引き内容は、当然、「できたという事実」があるため、一番重要視しているのは「自分がタンクの値引きができた数字」になります。

この考え方は、雑誌やサイトごとに異なります。「多くの人のデータを元にしたサイト・雑誌」「価格.comのデータを利用したサイト」「営業マンに直接聞いた値引き相場」など、様々な観点があります。

よって、どうしてもタンクの値引き相場はサイトや雑誌ごとに一定ではなくバラつきが出てきます。

バラつきを踏まえて、改めてタンクの値引き相場を考える

そのバラつきを含めて、よりリアルな数字を出していくと下記のようになります。実際に相場を知って、商談に活かしていくという方は、まずはこの数字を目標に交渉してみてください。

【タンクの初回値引き ※2017年4月時点】
本体値引き:5万円
オプション値引き:0万円
合計:5万円

【タンクの商談中盤での値引き目標 ※※2017年4月時点】
本体値引き:10万円
オプション値引き:15%
合計:10万円+オプション価格の15%

多くの場合は、だいたい上記に当てはまる方が多いと思います。さらに正確な相場をお伝えすると、上記の相場に加えて、「都心部など競合が多い地域では値引き額がアップ」し、「地方では値引き額が小さくなる」という傾向にあります。そのことを踏まえて、上記の相場に少し値引き額をプラスしたりマイナスしたりすると、だいたい「多くの方が行きつく数字」つまり、「相場」になっていきます

タンクの値引き相場の壁を打ち破ろう

しかし、当サイトでは、実際の値引き目標は30万円と設定しています。これは「タンクの値引き 30万円は可能?」の記事でも書いた通り、現実的に可能な数字です。しかもこの記事を書いたのは3月なのですが、つまり、2月に23万円値引きを獲得していたことになりますので、いかに相場以上の値引きができているかがお分かりいただけるかと思います。

しかし、上記の生地は「裏ワザ的」な交渉テクニックです。この交渉テクニックを使わずに、20万円以上の値引きをしている人も1割ほどいます

値引きテクニックを持った人の相場

では、今までは「一般的な相場」、つまり、「これくらいが妥当であろう」という数字について書いてきましたが、次は「値引きができる人」の場合の相場についてお伝えします。

交渉上手な人のデータをまとめると、以下のようになります。

【交渉上手な人だけの場合の相場データ ※2017年4月現在】
本体値引き:18万円
オプション値引き:15%+5万円
合計:20万円~30万円(装着するオプションにより前後します。)

これだけ見ると、本当に可能なのかと疑問が残る数字ですね。この相場は「交渉上手な人」や「かなりのトヨタユーザーである人」など特徴を持った人ですので、うまく行きすぎているデータにはなります。

しかし、この数字に「近づける」ことは誰でもできるのです。

相場の壁を越えるためのオプションの扱い方

まず効果的な1つ目が「オプション」についての攻め方です。多くの場合、オプションは最小限にしながら、もしくは、必要最低限にしながら交渉を進めていく方が多いですね。

「これはいらない」
「あれもいらない」
「あ、これは必要」
と言った感じで、自分に必要なオプションを選んでいくという形が多いという事です。

しかし、実はこれは交渉テクニックとしては◎ではありません。

ではどうするかと言うと、オプションを付ける観点は「欲しいかどうか」になります。あなたが欲しいと思ったらつける、そういうわけです。ここでは必要かどうかは関係ありません。「欲しい」と思ったらそのオプションをつけてしまいましょう。

営業マンにとって怖いのは、「オプションを付けた後にオプションをはずされる」というパターンです。

例えば5万円のオプションを外すと、5万円安くなります。10万円のオプションを外すと、10万円安くなります。しかし、営業マンにとって、5万円のオプションを外すことは、4万9750円しか安くできないことが多々あります。ここが営業マンにとって辛いんです。

段階的に話を進めるとこういう理由です。

①欲張って50万円のオプションを付けた。

②営業マンはオプション値引きを安く見積もって、5%引きにした。

③50万円のオプションをつけて、オプション値引きは2万5千円になった。

④そこから10万円のオプションがいらないということで外した。

⑤しかし、すでに5%値引きしている!

⑥10万円の5%は5千円。

⑦10万円のオプションを外すと、さらに5千円値引きしたことと同じになる。

よく分からないかもしれませんが、とにかく営業マン的には、後からオプションを外されることのほうが嫌です。なぜなら値引きがさらにできてしまうから。多くの人は思っています。「10万円のオプションを外したら、10万円安くなるだろう」と。だから多くの場合、営業マンは10万円値引きせざるを得ません

そうするうちにあれよあれよとタンクの値引き限界額に近づいていくのです。

これがタンクの値引き相場を高くしている人たち、交渉がうまい人たちの1つの交渉テクニックになります。

タンクの値引き相場を破壊する人の特徴

最初に挙げたように、現在の現実的なタンクの値引き相場は10万円前後です。その値引き相場を破壊する人の交渉テクニックとして、今、オプションの取り扱いについてお伝えしました。

そして、そんな人たちのもう一つの特徴は、「とにかく今の愛車を高く買い取ってもらう」ということをやっています。これによって、営業マンに「下取りの数字で見せかけの値引きをつくらせない」かつ「買取を選ぶことで、下取りよりもお得に車を買う」ということをしています。

全力で一括査定をする

一括査定は、高く車を売ることができます。確かに、電話対応が必要であったり、査定時の対応が必要だったりします。しかし、とは言っても、電話は10分程度、査定時の対応は1時間程度です。その短い時間に対する経済的メリットは大きく、商談・交渉で頑張るよりもはるかに効率はいいです。

商談・交渉は長いと2時間や3時間になることもあります。また、1回の商談で決まるわけでなく、2回、3回と商談を積み重ねるため、かなりの時間を消費します。だからと言って、毎回10万円、15万円と値引き額が大きくなることはありません。

それに対して、買取査定については、数時間の時間で、10万円、20万円、多い時には50万円以上を得することができます

タンクの値引き相場を高くする人たち

タンクの値引き額が大きい人、つまり、値引きがしっかりできている人の特徴は、この買取査定もばっちり行っている人が非常に多いです。その理由は単純で、「単に得だから」「簡単に何十万円タンクが安くなるから」「高く買い取ってもらえるから」です。

ということで、一括査定サイトはたくさんあれど、「高く買い取ってもらえるサービス」がよりよいサービスということです。

買取相場が高いサイトはズバット車買取比較

私が見てきた中で、「交渉がうまい人」「タンクの値引き相場以上の値引きを手に入れている人」はズバット車買取比較を利用していることが多いです。

こちらは他の一括査定サイトに比べて、
・多い登録企業数
・とにかく高い買取価格に自信のある企業の多さ
が特徴です。

言ってしまえば「対応より、とにかく買取価格勝負だ!」という業者が多いという事です。また、登録業者が多いため、「あなたの車が欲しい業者に出会える」「あなたの車の状態が得意な業者に出会える」という可能性もぐんと高くなります。

需要のあるところに売るのが、高く売る秘訣です。それをかなえてくれるのがズバットです。


▲ズバット車買取比較(無料)▲

タンクの値引き相場は参考にならない

ここまで、「一般的な相場」と「交渉がうまい人の場合の相場と特徴、テクニック」をお伝えしてきました。このことから分かるのは、相場はあてにならないということです。また、相場は「これくらいは大体みんな値引きできますよ」ということであって、交渉の仕方が違えば、それより安くもなり、高くもなります

この記事では、相場より高い値引き額を達成するために
・オプションの取り扱い方
・おすすめの買取サービス
についてお伝えしました。

まずはこれだけでも違います。この2つは誰でも簡単にでき、かつ効果のある方法です。交渉が苦手でも、一定の成果を挙げているものですので、「相場くらいは値引きしたい」もしくは「相場以上の値引きを達成したい」という方はぜひやってみてくださいね。

▲ズバット車買取比較(無料)▲

 

 

タンクカスタムの値引きレポート/体験談

タンクの維持費と税金

ピックアップ記事

  1. タンクの値引き相場はいくら?2017年3月の場合
  2. トヨタタンクの査定表と買取相場
  3. タンクの2017年の値引き最新情報
  4. 車一括査定のおすすめランキング 2017年保存版

関連記事

  1. タンク 値引きレポート

    タンクの値引き 30万円は可能?

    こんにちは。値引き士まかろんです。今回はタンクの値引きで「…

  2. タンク 値引きレポート

    タンク 値引きレポート 3月

    今回は3月のタンクの値引きレポートです。こちらは、3月のタ…

  3. タンクの相場に関する情報

    タンクの維持費と税金

    今回はトヨタタンクの維持費についてです。ガソリン代、保険料のほか、税金…

  4. タンクの値引き 2017年度版

    タンクの値引きの口コミをこっそりします

    こんにちは。値引き士まかろんです。今回はタンクの値引き方法の口コミ…

  5. タンクの値引き 2017年度版

    タンクの自動車保険料と相場

    今回はタンクの自動車保険料の相場をお伝えします。タンクを値引きして…

  6. タンク 値引きレポート

    タンクの値引き額/実燃費/納期レポート

    今回は値引きに加え、実燃費や納期に関するレポートです。特に実燃費に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

メルマガ登録・解除
車の最新情報「ofcar(オフカ)」
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

タンク値引き管理人自己紹介

■名前:まかろん
※まかろん好きだから(笑)
■趣味:車情報を見ることや買取、値引き商談をすること
■現在の愛車:レガシィ
■レガシィでの値引き成績:60万円
(雑誌では目標25万円)

▼タンクの値引きサイトを作った理由
友人のタンク購入のお手伝いをしたところ、値引きの渋さにびっくり。

そこで、新しい方法を取り入れて値引きをしたところ、タンクの値引きが大成功!

この方法を共有したい!という想い、そして、今まで培ってきた値引き経験談も共有したいと思い、タンクの値引きサイトを作成。

>>詳しいプロフィールはこちら
  1. タンクオートックワン見積もり

    タンクの値引き 2017年度版

    タンクの2017年の値引き最新情報
  2. タンクの最新情報

    トヨタタンクの売れ行きのまとめ
  3. 車の維持費節約ガイド

    オイル交換をDIY!料金を安く抑える方法
  4. タンク 値引きレポート

    下取りなしでのタンクの大幅値引き
  5. タンクの相場に関する情報

    トヨタタンクの査定表と買取相場
PAGE TOP