車の維持費節約ガイド

オイル交換をDIY!料金を安く抑える方法

この記事は約 5 分で読めます。

今回は節約エントリーです。
「車のオイル交換」はディーラーやオートバックス、ガソリンスタンドで行うことがほとんどだと思いますが、自分ですることで工賃もかからず安く済ませることができます。

一度技術を身につければ、その後もずっとオイル交換を自分でできますので、長期的に見ると、かなりの節約になりますよ!

オイル交換をDIYですると安い!

では、自分でオイル交換をすると、いくらくらい安くなるのでしょうか?

ちょっと計算してみましょう。

※エンジンオイル交換の目安一口メモ
ちなみに、エンジンオイル交換の目安は以下のようになっています。
◆軽自動車
ターボ車:5千キロもしくは6か月
普通車:1万キロもしくは6か月
◆ガソリン車
ターボ車:5千キロもしくは6か月
普通車:1万5千キロもしくは1年

エンジンオイル交換にはディーラーだと3500円。
オートバックスなどだと4500円くらいの料金がかかります。

しかし、自分でやれば、1500円~2000円ですることができます。

ディーラーとの差は2000円!

1年に2回エンジンオイルを交換するとしたら、自分ですることで4000円浮きます!今の愛車を5年乗るとしたら、2万円お得になります。

また、2台所有していれば、2台ともDIYですることで5年間で4万円もお得になります。

家族がいて、複数台家に車がある場合には、エンジンオイル交換をDIYできるようになっていると、かなりお得になるということが分かりますね。

エンジンオイル交換のDIYグッズを用意しよう

エンジンオイル交換をDIYでするために、まずはDIYグッズを用意しましょう。

※これらは最初にかかる費用であって、一度用意してしまえば、その後お金がかかることはありません。

※エンジンオイル交換には上抜きと下抜きの2種類があります。下抜きはジャッキアップが必要です。多くの自動車用品量販店では上抜きでオイル交換が行われています。そこで今回は上抜きでの方法を紹介しています。

ちなみにオイル交換の基本的な方法は下記の動画で確認できます。
非常に簡単なことが分かると思いますよ!

上抜きに必要な道具:オイルチェンジャー

さて、動画でも使用していたオイルチェンジャー。それがこちら!

売れ筋で定番のオイルチェンジャーになります。

そしてオイルを燃えるゴミとして処理する袋がこちら。

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604
エーモン工業(amonkogyo) (2012-05-09)
売り上げランキング: 14

こちらも動画で紹介されていたものですが、たった数百円で手に入れることができます。

この2種類があれば準備は完了です!

エンジンオイル交換DIY方法

ここまでで、「オイルチェンジャー」と「ゴミ袋」が用意できたと思います。
たったこれだけ用意すれば、もういつでもオイル交換がDIYでできます。

次はその方法を紹介しますね!

オイルを準備しよう

まずは準備です。
毎回準備する必要があるのが、「オイル」です。

このエンジンオイル、多種多様なものが売っていますが、おすすめ商品をまずお伝えします。

エンジンオイルには、規格等級というものがあります。
これは取扱い説明書に記載されていますので、説明書を見たり、ディーラーに問い合わせたりしてみましょう。

まずおすすめ第一位はカストロールのエンジンオイルです。

こちらは大ベストセラーになっているエンジンオイルですので、見たことがある方は多いと思います。
高速、街乗り、渋滞、ありとあらゆるシチュエーションにぴったりなエンジンオイルです。

次におすすめなのが、モービルの0W-20。

こちらも定番のエンジンオイルになっています。
品質も高く、安定しているのがウリです。

エレメントを準備しよう

エンジンオイルを交換するなら、エレメント交換も必要になる場合があります。
こちらのエレメント交換の時期としては、オイル交換2回に1回、エレメント交換をする方が多いです。

エレメント自体1000円程度で入手できますので、楽天市場で純正商品を買ってもいいかもしれません。

さあ、オイル交換DIY開始!

1:5分から10分エンジンをあたためます。

2:オイルゲージを抜きます

3:オイルチェンジャーの先をオイルゲージの入っていたところに差し込みます

4:オイルチェンジャーのピストンを上下させます

5:大体4分~5分でオイルを抜くことができます

6:抜けたらオイルゲージをもどします

7:新しいオイルを入れます

8:入れる量はオイルゲージの網目の中心になるようにオイルを入れます

9:入れすぎると抜かなければいけませんので、ある程度入れたらオイルゲージでどれくらい入っているかチェックします

10:抜いたオイルを先ほど紹介したゴミ袋に入れて家庭用ごみとして捨てます

たったこれだけで完了です!

すごく楽になったDIYでのオイル交換

昔は、事情が違いました。

オイルを抜くにも、ジャッキアアップして、車の下にもぐらなければいけませんでした。

抜いたオイルを処分するには、業者に持ち込まなければいけませんでした。

しかし、今はオイルを抜くにはオイルチェンジャーがあります捨てるのにも、専用のゴミ袋が出てきて、家庭用ごみとして捨てることができるようになりました。

ですので、DIYが大変楽ちん・手軽になったんです。

一昔前はオイルを捨てるのがめんどくさくて筆者はディーラーでやっていましたが、今はもっぱらDIYです。

エンジンオイル交換をDIYでするメリット

メリットは安く交換できるだけではありません。
ちょっと調べて知識をつければ、「あなたの運転にあったエンジンオイル」を使うことができます。

エンジンオイルで走りが変わるのか?と思うかもしれません。
筆者自身は、「かなり変わる派」です。

今まで安いエンジンオイルから、ブランド物のエンジンオイルまで色々試してきましたが、本当にフィーリングが変わるんです。

例えばタイヤは夏用タイヤと冬用タイヤを履きかえる人は多いと思います。
その時のタイヤでのフィーリングの違いが分かる方

また、ガソリンが満タン時とあまり入っていない時の微妙な違いが気になる方

そんな通なあなたにはDIYでのエンジンオイル交換がおすすめです!

 

 

タンクの値引きの口コミをこっそりします

タンクの値引き 2017年4月最新情報

ピックアップ記事

  1. タンクの2017年の値引き最新情報
  2. トヨタタンクの査定表と買取相場
  3. タンクの値引き相場はいくら?2017年3月の場合
  4. 車一括査定のおすすめランキング 2017年保存版

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

メルマガ登録・解除
車の最新情報「ofcar(オフカ)」
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

タンク値引き管理人自己紹介

■名前:まかろん
※まかろん好きだから(笑)
■趣味:車情報を見ることや買取、値引き商談をすること
■現在の愛車:レガシィ
■レガシィでの値引き成績:60万円
(雑誌では目標25万円)

▼タンクの値引きサイトを作った理由
友人のタンク購入のお手伝いをしたところ、値引きの渋さにびっくり。

そこで、新しい方法を取り入れて値引きをしたところ、タンクの値引きが大成功!

この方法を共有したい!という想い、そして、今まで培ってきた値引き経験談も共有したいと思い、タンクの値引きサイトを作成。

>>詳しいプロフィールはこちら
  1. タンクの値引き限界

    タンクの本当の値引き限界とは?
  2. タンク 値引きレポート

    タンク 値引きレポート 3月
  3. タンクの最新情報

    タンクの人気色は何ですか?
  4. タンクの値引き 2017年度版

    未使用車の探し方のいろは 2017年度版
  5. 車の維持費節約ガイド

    オイル交換をDIY!料金を安く抑える方法
PAGE TOP